​ABOUT

Born in Japan, Multi-media Artist 

IBUKI KURAMOCHI specializes in artworks for exhibition

(paintings, movies and digital works),

and also specializes in live performances combining her live painting with her Japanese Butoh dance.

 

From 2012, Ibuki started exhibiting works in major cities in Japan, U.S.A.,Taiwan, France, Italy and Australia.

She studied Butoh dance at the world renown Kazuo Ohno Butoh Dance Studio in Yokohama in 2016.

 

Through her work, she pursues the physicality of Butoh’s poetic choreography and the pursuit of the human body in anatomy.

She visualizes her performance and body movements as two-dimensional works and video works.

Ibuki explores concepts of the body,

thought and physical resonance, metamorphosis,

the uterus and fetishism.

In 2019, Ibuki received a USA O-1 artist visa.

She currently resides in Los Angeles.

 

  

マルチメディアアーティストの倉持伊吹は、パフォーマンス作品を中心に絵画、映像、

デジタル作品等を手掛ける。

2011年頃より海外、国内問わず作品を発表。

2016年頃より大野舞踏研究所にて大野慶人に師事。

数おける音楽家との即興ライブパフォーマンスの中から培われた即興性や無意識を

身体知としてペインティングに投げ込む。

    舞踏の振り付けにおける詩的身体性、解剖学における人間の身体への追求を作品を通して行う。

パフォーマンスと身体、踊りと動きを平面作品・映像作品として視覚化する。

肉体、霊性、子宮、SFアニメのキャラクターの硬質な身体性やフェティシズムを内臓感覚、

芸術家としての身体とともに探究する。

2019年よりアメリカアーティストビザ取得、ロサンゼルスに拠点を移す。